■あすけスローライフ山村塾とは・・・

 豊田足助地区(旧足助町)は、香嵐渓や三州足助屋敷などで観光地として有名ですが、耕作放棄農地や放置人工林の割合が高く、鳥獣害に悩まされ、高齢化・過疎化が進行している地域です。
一方、三州足助屋敷に象徴されるように伝統的な山村文化が色濃く残り、独特の景観と特有の住民キャラクターでIターン定住者も多くいます。 そのIターン定住者を核とする地元住民と都市住民との協働による林業や農業、農山村の暮らしに関わるさまざまな活動が盛んに行われています。
  これまで、それぞれの団体が個別に取り組んできた事業を地域おこしの視点からもう一度洗い直し、それを有機的に連携させながら、さらに新しい企画を立ち上げることで、より充実した山村活性化の原動力にしていきたいと考えています。

「あすけスローライフ山村塾」は、豊田市(旧足助町)と、足助きこり塾、あすけ里山ユースホステル、特定非営利法人都市と農山村交流スラーライフセンター(略称:NPOスローライフ)、矢作川水系森林ボランティア協議会(略称:矢森協)によって構成され、足助に関わる山村資源と人的資源を最大限に活用して、さらなる地域の活性化に取り組むものです。


■あすけスローライフ山村塾のフィールド

  • あすけ里山ユースホステル
  • 足助きこり塾、足助森とぴあ、「生闘学舎」
  • 西村自然農園
  • コウロゲ炭窯
  • 足助周辺の森林

※あすけスローライフ山村塾の事務局幹事団体は、都市と地元の双方にチャンネルを持つ、矢森協が担当しています。

※この事業は、林野庁「平成19年度山村塾事業」の助成を受けています。