■こんな活動をしました


●ゴンさんの根曲がり工房●


森で倒された木が材として市場に出されるとき、曲がった部分は材の価値を落とすために切り落とされます。
昔は、曲がった材でも適材適所に使われていましたが、今は扱いにくいため市場では嫌われてしまうのです。
「日本の文化が削られていくようでさびしい。」地元の人は言います。

根曲がり材も貴重な森林資源です。
何とか有効に利用したい。そんな思いから「ゴンさんの根曲がり工房」がスタートしました。


今回は、根曲がり材の湾曲した木目を活かした、素敵なイスの製作にとりかかりました。
自然の妙である美しい木目にあわせて、脚などを部材を型どって、ジグソーなどの工具を使って部材を切り出し仕上げていきました。

根曲がり材を活かしたアイディアあふれるテーブルやベンチなども、作っていきたいですね。